水戸市田谷町:小原内古墳群

過日,小場江用水路の一部を見学した後,七ツ洞公園の南端付近から東の方に向けて徒歩で移動し,山王上第一橋を渡って常磐自動車道の東側に至り,そのあたりに分布している小原内古墳群の残存古墳の一部を見学した。小原内は「おばらうち」と読むようだ。小原内古墳群所在地の更に東方には白石古墳群がある。 茨城県水戸市教育委員会編『水戸市埋蔵文化財分布調…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市下国井町:小場江用水路(七ツ洞公園西駐車場周辺)

過日,七ツ洞公園西駐車場(茨城県水戸市下国井町)のすぐ西側を南北に流れる小場江用水路の一部を見学した。この場所には,小場江用水路の説明板があり,勉強になる。更に,下記の関東農政局のサイトには,より詳しい解説がある。その説明によると,江戸時代に構築された小場江用水路は,現代に至るまで使用され続けているが,その間,護岸のコンクリート化工事等…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市文京:笠原神社と古墳(その2)

過日,笠原神社(茨城県水戸市文京)を参拝した。祭神は,日本武尊・弟橘姫命。 笠原神社の境内(本殿の北側)には,笠原神社古墳と呼ばれる古墳がある。茨城県水戸市教育委員会編『水戸市埋蔵文化財分布調査報告書』(平成11年3月)の54頁によると,笠原神社古墳は,直径10m・高さ1.5mの円墳であり,石室の石材が露出しており,墳頂に石祠が祀られ…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市文京:笠原神社と古墳(その1)

過日,笠原神社(茨城県水戸市文京)を参拝した。祭神は,日本武尊・弟橘姫命。由緒書によると,元は別の場所に鎮座しており,弟橘姫命のみを祀っていたが,応永3年(1396年)に現在の地に遷座し,その後,徳川光圀によって日本武尊が合祀された神社とのこと。この地に生き,死んだ武将達の興亡を見てきた神社ということになるかもしれない。境内には非常に多…
コメント:0

続きを読むread more