常陸大宮市岩崎:春日神社

過日,春日神社(茨城県常陸大宮市岩崎)を参拝した。祭神は,天児屋根命・武甕槌命・経津主命・姫大神。多数の境内社がある。春日神社は,大同2年に奈良三笠山の御分霊を奉って創始された古い神社とのこと。その後,徳川光圀の保護を受け,明治時代に現在の社殿等を整備して今日に至っているようだ。春日神社の境内地を含む周辺一帯は,北原遺跡と呼ばれる奈良・…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市岩崎:天満宮

過日,岩崎古墳群を見学した後,天満宮(常陸大宮市岩崎)を参拝した。由緒等の詳細は不詳。天満宮の境内地は,岩崎古墳群の所在地の西に位置しており,古墳群の範囲内には含まれていないが,後原遺跡と呼ばれる縄文時代,奈良・平安時代の遺跡包蔵地の一部となっている。古くから人々が生活を営んだ良い場所だったのだろうと思う。 天満宮入口付近 鳥居…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市岩崎:岩崎古墳群と岩花塚群

過日,岩崎古墳群(茨城県常陸大宮市岩崎)を見学した。岩崎古墳群の所在地は,道の駅常陸大宮・かわプラザの北東側に位置する久慈川が大きく湾曲する場所に突出していている台地の北端付近。2基の前方後円墳(いずれも全長20m前後)と2基の円墳の合計4基の古墳で構成される古墳群とされている。北東に位置する1号墳(前方後円墳)は公道から見える範囲内で…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町大沢:風戸塚古墳

過日,星の宮浅間塚古墳を見学した後,風戸塚古墳(栃木県芳賀郡益子町大沢)を見学した。『益子町史 第1巻 考古資料編』の410~412頁にその解説がある。これによれば,風戸塚古墳は,直径38m前後・高さ4m前後の円墳とされている。『益子町史 第1巻』の411には墳丘の測量図面があり,墳丘上に小規模な何らかの構造物があるように記載されている…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町塙:星宮神社

過日,星宮神社(栃木県芳賀郡益子町塙)を参拝した。祭神は,磐裂神・根裂神。蔽屋の中に境内社があり,天満宮・愛宕神社・大杉神社・稲荷神社が祀られている。星宮神社の創始等については不詳。下記のkyonsightの記述によれば,『下野神社沿革史』(明治36年)には,明治年間に村社として加列されたとの記載があるとのこと。星宮神社の鎮座地は,星の…
コメント:0

続きを読むread more