加須市北篠崎:浮野の里で見た花など(その3)

2024年4月14日のことだが,本来の調査の仕事を兼ね,浮野の里(埼玉県加須市北篠崎)を訪問した。保全地域全体をくまなく回ることはできなかったが,主要な場所をひととおり見学できた。 トキソウ自生地付近を見学した後,浮野の里の駐車場の少し北西にある「かまえ掘り」と屋敷林を見学した。現に邸宅を構えている私有地内なので,公道から見える範囲内…
コメント:0

続きを読むread more

加須市北篠崎:浮野の里で見た花など(その2)

2024年4月14日のことだが,本来の調査の仕事を兼ね,浮野の里(埼玉県加須市北篠崎)を訪問した。保全地域全体をくまなく回ることはできなかったが,主要な場所をひととおり見学できた。 ノウルシ(Euphorbia adenochlora)の群生地がある湿地を見学した後,土手の上を歩いて北上して展望台のあるところまで行き,そこから折り返し…
コメント:0

続きを読むread more

加須市北篠崎:浮野の里で見た花など(その1)

2024年4月14日のことだが,本来の調査の仕事を兼ね,浮野の里(埼玉県加須市北篠崎)を訪問した。保全地域全体をくまなく回ることはできなかったが,主要な場所をひととおり見学できた。 この日に見たノスリ(Buteo japonicus)については既に記事を書いたので,それ以外の動植物等について書くことにする。 浮野の里は,ノウルシ(E…
コメント:0

続きを読むread more

小山市高椅:高椅神社

過日,高椅神社(栃木県小山市高椅)を参拝した。栃木県神社庁によれば,祭神は,磐鹿六雁命・国常立尊・天鏡尊・天萬尊。磐鹿六雁命は,料理の始祖神として広く知られており,調理師守護を御神徳としている。 高椅神社は,式内社・下總國結城郡高椅神社に比定されている。扁額には「正一位高橋大明神」と記されている。 高椅神社の創建に関しては,景行天皇…
コメント:0

続きを読むread more

2024年4月11日に牛久沼水辺公園とその周辺で見た鳥など(その2)

2024年4月11日のことだが,牛久沼水辺公園(茨城県龍ケ崎市佐貫町)とその周辺を散策した。 牛久沼水辺公園の北西側にある耕地では春の田起こし作業が始まっていた。 まだ残されているススキやヨシなどの枯草が密生している場所の中にはオオジュリン(Emberiza schoeniclus)の姿が見え,アオジ(Emberiza spodoc…
コメント:0

続きを読むread more

2024年4月11日に牛久沼水辺公園とその周辺で見た鳥など(その1)

2024年4月11日のことだが,牛久沼水辺公園(茨城県龍ケ崎市佐貫町)とその周辺を散策した。 この時に見たトビ(Milvus migrans)に関しては既にブログ記事を書いたので,それ以外の鳥について書こうと思う。 まだ結構多くのユリカモメ(Chroicocephalus ridibundus)が残っていた。頭部が黒色の夏羽に変化し…
コメント:0

続きを読むread more

牛久沼で見たトビ

2024年4月11日のことだが,龍ケ崎市牛久沼水辺公園(茨城県龍ケ崎市佐貫町)を散策中,頭上を何度もトビ(Milvus migrans)が旋回しているので,何となく気になっていた。 突然,そのトビが田圃の畔付近に降り,何かを食べ始めた。結構長時間食べ続けており,写真には白っぽいカエルの大腿部のようなものが写っていたので,ヒキガエルのよ…
コメント:0

続きを読むread more

アオアツバ

先日,庭の栽培棚にある鉢の手入れをしていたら,防虫ネットに変わった蛾がついているのを見つけ,写真を撮っておいた。 調べてみたところ,アオアツバ(Hypena subcyanea)のようだ。 マメ科植物を食草とする昆虫とのこと。庭のカラスノエンドウ(Vicia sativa)を食べて育ち,越冬した個体なのだろうか・・・? アオア…
コメント:0

続きを読むread more

浮野の里で見たノスリ

昨日(2024年4月14日),浮野の里(埼玉県加須市北篠崎)とその周辺を散策中,上空を猛禽が旋回しているのを見つけた。何か獲物を探しているようだ。 愛用のコンパクトデジカメの性能をはるかに超える距離なので精密な写真を撮影することはそもそも無理なことなのだが,とりあえず上空の猛禽を撮影しておき,帰宅してから調べてみた。 識別点だと言え…
コメント:0

続きを読むread more

2024年4月10日に多々良沼で見た花と鳥など(その3)

2024年4月10日のことだが,多々良沼を訪問し,主として多々良沼の南岸(群馬県館林市日向町~群馬県館林市松沼町)を散策して花や鳥などを観察した。 様々な野草と野鳥を見ることができた。 遊歩道から何度もウグイスの囀りを楽しむことができ,しかも,幸運なことには,その姿を撮影することができた。 ノウルシ(Euphorbia adeno…
コメント:0

続きを読むread more